ここから本文です

県陶磁器技能士会が初の作品展 波佐見で15日まで

長崎新聞 9月13日(火)9時29分配信

 波佐見焼、三川内焼の陶磁器技能士による作陶展が長崎県東彼波佐見町井石郷の旧町立中央小講堂で開かれている。15日まで。

 伝統の技を広く知ってもらおうと、県陶磁器技能士会(山口正美会長)が初めて開いた。手ろくろや絵付け、石こう成型の技能士23人が、カップや皿など一点物を中心に計約500点を展示販売している。山口会長は「手作りならではの味わいや面白さを感じてほしい」としている。

 開館時間は午前10時~午後6時。入場料300円は全額、熊本地震の義援金に充てられる。

長崎新聞社

最終更新:9月13日(火)9時29分

長崎新聞