ここから本文です

サッカーブラジルリーグ 全国区人気チーム、フラメンゴが久々の優勝争い

ニッケイ新聞 9/13(火) 22:20配信

「ブラジルで最も人気のあるチーム」といわれながらも、近年は低迷していたフラメンゴが、今シーズンの全国選手権では絶好調。9月11日の時点で、首位パルメイラスに勝ち点差1で迫っている。
 フラメンゴといえば、古くからリオでは最も人気のあるチームで、ジーコが活躍していた80年代に黄金時代を築き、その後もロマーリオなど名選手が在籍したチームとして名高い。
 世論調査では、今でもブラジルで最も人気のあるチームとなっているが、この5年ほどは優勝争いには程遠く、セレソン級の選手獲得や若手有望選手の欧州移籍などのニュースもなく、たまに大型補強で名前を聞く程度だった。成績も、同じくリオを本拠地とするライバルのヴァスコ・ダ・ガマやボタフォゴのように2部に降格する不名誉こそないものの、降格逃れがやっとの存在だった。
 そのフラメンゴが、今年の全国選手権は後半戦になっても首位に肉薄する健闘で、近年の上位常連のコリンチャンスやアトレチコ・ミネイロをしのぎ、同じく久々に好調のパルメイラスと、優勝争いをする位置まで来ている。
 フラメンゴの状況を好転させた立役者としてあげられているのが、監督のゼー・リカルドだ。同監督は、今年の5月下旬まで、1部リーグのチームの監督をしたことがなかった人物だ。
 フラメンゴは今年、2006~08年にサンパウロFCで全国選手権3連覇を果たしたことで知られるムリシー・ラマーリョ氏を迎えて再建を図っていた。だ が、同氏は健康上の問題を理由に5月下旬、全国選手権がはじまってわずか2試合で降板した。そこで白羽の矢が立ったのが、フラメンゴのジュニア・ユース監 督だったぜー・リカルドだった。
 これはゼーの下部組織での実績を評価されての昇格人事だったが、5月26日から彼が指揮をとりはじめてからのチームは絶好調で、今日まで13勝5敗4分だ。チームで注目されるのはペルー代表フォワードのパウロ・ゲレーロくらいだったが、今や、ボランチのウイリアン・アランはセレソン入りも噂されるようになり、アルゼンチン人ミッドフィールダー、マンクエージョや、ヨーロッパ帰りのジエゴ、レアンドロ・ダミアォンなども戦列に加え、楽しみなチームになってきている。
 ゼーはプロ経験もないままに選手としての道をあきらめているが、下部組織のチームで監督としての経験を地道に積み上げて、能力が発揮されている形だ。
 このゼーに関しては、前任者のムリシーも才能を認め、またタイミングのよさを認めている。「私がサンパウロの監督をはじめた頃はちょうど(伝説の名将と 名高い)テレ・サンターナが休養する頃だったけど、私を後押ししてくれる編成ディレクターがいた。ゼーにも今回、それに当たる人がいて、才能がつぶれずにすんだ」と語っている。
 この、数カ月前まで全くの無名だった監督に、名門フラメンゴの復活が託されている。

最終更新:9/13(火) 22:20

ニッケイ新聞

スポーツナビ サッカー情報