ここから本文です

「ゼルダの伝説」30周年フルオケ企画、東京・大阪で追加公演 生演奏と映像で世界観表現

MusicVoice 9/13(火) 19:28配信

 人気ゲームソフト『ゼルダの伝説』の発売30周年を記念した、フル・オーケストラによる『ゼルダの伝説 30周年記念コンサート』追加公演が12月1日に大阪、12月4日に東京で開催される。

 これは、10月に京都と東京(昼夜2回)、12月に名古屋でおこなわれる、同コンサートのチケットが完売したために、急きょ組まれたもの。歴代のシリーズを彩る名曲の数々をフルオーケストラの迫力あるサウンドで生演奏。スクリーンにはゲーム映像が映し出されるなど、視覚と聴覚を体感できる内容になる。

 『ゼルダの伝説』は1986年2月に、第1作がファミリーコンピュータ(任天堂)のディスクシステムで発売され、以降、長きにわたって多くのファンに支持されているゲームソフト。これまで、リメイク作品を含め20作以上のシリーズ化され、今もなお新作が制作されている。

 同公演では、映像とリンクした豪華な演奏だけでなく、『ゼルダの伝説』30年の歴史に関わった関係者が各会場にそれぞれゲスト登壇してトークも展開。制作秘話や知られざるエピソードが語られる予定だ。

 追加公演のチケットは、一般発売に先駆け9月8日に先行予約受付(抽選)がスタートしている。

最終更新:9/13(火) 19:28

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]