ここから本文です

銀座線の一部区間、11月の土日計4日間に終日運休 渋谷駅で線路切り換え

乗りものニュース 9/13(火) 15:32配信

将来、銀座線渋谷駅は約130m移設

 東京メトロは2016年9月13日(火)、銀座線の渋谷駅移設にともなう線路切り換え工事のため、11月の土日計4日間に一部区間を運休し、折り返し運転を行うと発表しました。

どう変わる? 東京付近 私鉄大規模工事一覧

 運休は2回。1回目は11月5日(土)から翌6日(日)まで、2回目は11月19日(土)から翌20日(日)までです。工事当日は、列車が渋谷~表参道間と青山一丁目~溜池山王間の2区間で、初電から終電まで運休します。なお、諸事情により工事が中止された場合は、それぞれ翌週の土日に運休日(工事日)が変更される予定です。

 工事当日は折り返し運転が実施されます。表参道~青山一丁目間では、日中はおよそ12分間隔、溜池山王~浅草間では、日中は約3分間隔で運行。あわせて当日は東京メトロ全線、都営地下鉄全線、JR山手線全線などで終日振り替え輸送も行われます。

 地上3階部分にある銀座線の渋谷駅は、渋谷駅街区基盤整備にあわせてリニューアルが進行中。新しい駅は現在の位置から表参道駅方面におよそ130m移動した先の、明治通り上空に設けられる計画です。降車と乗車が別々になっているホームは、新しい駅では2本の線路に挟まれる形でひとつになり、現在より拡幅されたうえでホームドアも設置されます。

 今回の工事は、この駅移設工事の一環として、新しいホームを築造するスペースを確保するため、現在の線路が南側に移設されます。なお新しいホームは、2019年度に使用が開始される計画です。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/14(水) 9:37

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。