ここから本文です

ロケット爆発の原因は未だ不明、イーロン・マスクの苦悩は続く

ギズモード・ジャパン 9月13日(火)21時12分配信

頑張れマスク!

Facebookの通信衛星も巻き込んで爆発したSpaceX(スペースX)のロケットFalcon 9。事故直後から原因究明が行なわれていますが、どうやらそれを突き止めるのは難しいようで。

先週金曜日、爆発事故後(SpaceXは「爆発」という言葉を避けているようですが)初めて、イーロン・マスク氏が、原因調査に関したツイートを投稿していました。内容を見ると、どうやら原因究明はなかなか進んでいないようですね。

”まだFalconが火だるまになった原因を調査中。どうやら過去14年で最も難解で複雑な不具合のようだ。”

”ルーティン作業中に起きた事故というのが重要。エンジンはオン状態ではなく、熱の出元となるものはなかったということに。”

”@NASA、@FAA、@AFPAAなどからのサポートやアドバイスは、非常にありがたい。事故の様子を記録したものがあれば、report@spacex.comまでメールしてください。”

というわけで、SpaceXはまったく原因にたどり着いていません。それどころか、原因は謎&ミステリー状態…。また、事故がどれほど機材にダメージを与えたか、今後の打ち上げ予定はどうなるのかなども公表されていません。

事故原因がわからないことには、次の打ち上げも難しいわけで…。ここにきてSpaceXは、大きく足止めせざるえない状況に陥りました。イーロン・マスク氏の苦悩はしばらく続きそう。

image by USLaunchReport / YouTube

Maddie Stone - Gizmodo US[原文]

(そうこ)

最終更新:9月13日(火)21時12分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]