ここから本文です

【ブラジル】消費者の景況感4カ月連続で改善

サンパウロ新聞 9/13(火) 6:25配信

 消費者の景況感を表すジェツリオ・バルガス財団(FGV)の消費者信頼感指数(ICC)が4カ月連続で上昇した。FGV発表として伝えた8月24日付伯メディアによると、2016年8月の同指数は79.3ポイントと、前の月から2.6ポイント上昇、15年1月以降で最も高い水準に達した。

 FGVで消費者調査のコーディネーターを務めるビビアネ・セダ氏は声明で「ここ4カ月間の信頼感の上昇の約9割は先行き期待感の改善によってもたらされた。しかし8月には、最大の貢献は現在の状況に対する満足度の改善から来た。これは良い兆候だ。労働市場並びに各世帯の財務状況に関する消費者らの認識に改善があったと考えられる」との見解を示した。

 8月には、現況に対する満足度を表す指標(ISA)が前の月から3.8ポイント上昇し、15年9月以降で最も高い69.5ポイントに達した。また、先行きへの期待感を表す指標(IE)は前月よりも1.6ポイント高く、14年12月以降で最高の86.9ポイントとなった。

 調査は16年8月1~20日に実施、2047世帯から回答を得た。

サンパウロ新聞

最終更新:9/13(火) 6:25

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。