ここから本文です

古河電工・柴田社長、中計完遂で「一段上」に 海外売上高6割へ

日刊産業新聞 9/13(火) 11:24配信

 古河電気工業の柴田光義社長は、今期からスタートした2020年度をターゲットとする中期経営計画の完遂を図っていく考えを示した。「ゆるぎない成長の実現で、「一段上」の企業グループへ進化させる」(柴田社長)という方針の下、今後の成長が期待されるグローバルマーケットへの対応に関しては、海外売上高比率で対前期比10ポイント以上上回る60%への引き上げを図るなど、事業強化を実現する。

最終更新:9/13(火) 11:24

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。