ここから本文です

【ブラジル】工業で3カ月連続増加 天然ガス消費

サンパウロ新聞 9月13日(火)6時27分配信

 2016年6月のブラジル国内の天然ガス消費量は前月比6.7%増の日量5910万立方メートルだった。ブラジル都市ガス配給業者会(Abegas)のデータに基づいて8月30日付伯メディアが伝えた。

 同月には工業での消費拡大が際立った。工業における今年6月の消費量は前月比6.8%増の日量2860万立方メートルだった。月次での消費拡大はこれで3カ月連続。

 一般住宅での消費は前月比35%増、前年同月比20%増。同業者会はこの拡大について、季節要因によるものだとしている。

 天然ガスを燃料とする自動車による消費も前月比0.8%増、前年同月比2%増と拡大した。

 商業での消費は5月に比べて2%増加、15年6月を0.8%上回った。

 コージェネレーション(熱電併給)分野での消費は前月に対して7%増えたが、15年6月に比べて2.6%少なかった。また、発電部門での消費は前月比6.9%増、前年同月比55.9%減だった。

 16年上期(1~6月)累計の消費量は15年上期に対して24.5%減。水力発電用の貯水池の回復に伴うガス焚き火力発電の停止が影響した。発電部門での消費は15年同期比44.4%減、工業は同11.7%減だった。

サンパウロ新聞

最終更新:9月13日(火)6時27分

サンパウロ新聞