ここから本文です

SMAP、“25年越し”「SAY YES」超えにファン歓喜 歴代売上記録を抜く

MusicVoice 9月13日(火)20時50分配信

 SMAPの「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)の累積売上枚数が284万6000枚に達し、CHAGE&ASKAの「SAY YES」の282万2000枚を抜き、オリコン歴代シングル売上ランキングで6位となった。SMAPはデビュー曲「Can’t Stop!!-LOVING-」を1991年9月9日に発表し、週間チャートで初登場2位を記録したが、その際の1位が「SAY YES」だった。そのため、ファンは「おめでとうSMAP!」「ファンの力だな」「トリハダ。。。」などと、25年という時を経て成し遂げた「SAY YES」超えに称賛の声を挙げた。さらに、「SMAPに新しい道を作ってくれた曲」と「SAY YES」の存在の大きさを改めて感じるファンも見られている。
 
 「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」が9月5日~11日を集計期間とする19日付オリコン週間シングルランキングで3位にランクイン。この1週間で約5万枚超を売り上げ、累積売上枚数が284万6000枚に達し、CHAGE&ASKAの「SAY YES」の累積282万2000枚を超え、歴代6位にランクした。

 SMAPは1991年9月9日に「Can’t Stop!!-LOVING-」でデビューし、オリコン週間ランキングで初登場2位となった。その際、1位にランクしていたのが同年7月24日にリリースされたロングヒット曲「SAY YES」。″25年越し″にSMAPの楽曲が「SAY YES」を抜く形となった。

 SMAPの分裂騒動が取り沙汰された1月をきっかけに巻き起こり、8月の解散発表を受けて一気にその輪を広げていた「世界に一つだけの花」購買運動。「実売300万枚」を目標として動き出したファンの想いが、一つの結果を導いたともいえる。

 ファンはツイッターなどに続々と投稿。「おめでとうSMAP!」「25年の時を経て因縁(?)のSAY YESを抜く。ファンの力だな」「累計売上でSAY YES超えたって知ってトリハダ。。。」「デビュー当時1位を獲れなかったグループが25年を経て、それだけたくさんの人に愛されるようになったということだよね。本当に頑張ったね」などと歓喜のコメントを寄せた。

 さらに、今回の集計期間は、SMAPのデビュー記念日である9月9日を含めていることから、「デビュー記念日の週に SAY YESを抜くってのがまた 素晴らしい奇跡だよね」などと、SMAPとファンが示した力を喜ぶ声も挙がっている。

 また、一部ファンは違った視点を持っているようだ。それは「SAY YES」という楽曲がSMAPの未来を作ったというもの。ツイッターには、「この曲が当時1位を取ってくれたお陰というか…それでSMAPはアイドルと少し違う方向からの売り込みが出来て今に繋がっているって思う」という投稿が見られている。

最終更新:9月13日(火)20時54分

MusicVoice