ここから本文です

取り込んだセシウム、ウグイは排出しやすい 内水面水産試験場

福島民友新聞 9月13日(火)12時16分配信

 県内水面水産試験場は12日、福島市で開かれた県内水面漁場管理委員会で、ウグイはコイ、ニジマスと比べ、体内に取り込まれたセシウム137が排出されやすいとする試験結果を報告した。
 同試験場が182日間の試験で、ウグイにセシウム137を含む餌を42日間与え、その後はセシウム137を含まない通常の餌に切り替えた結果、体内のセシウム137の濃度は減少傾向をたどり、171日で半減したという。同様の試験で確認された生物学的半減期は、コイが257日、ニジマスは289日だった。

福島民友新聞

最終更新:9月13日(火)12時31分

福島民友新聞