ここから本文です

C・ロナウド、香川擁するドルトムントを警戒「彼らはとても厄介なチーム、特に……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/13(火) 17:10配信

アウェイでの試合に用心

レアル・マドリードでのUEFAチャンピオンズリーグ連覇を目指すクリスティアーノ・ロナウドが、グループステージの展望と王座防衛に向ける意気込みを語った。

レアルはグループFに所属し、古巣クラブのスポルティング、ポーランドのレギア・ワルシャワ、そして日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと対戦する。グループリーグ最大の敵となるドルトムントについて「難しい相手だ。ドルトムントにはこの大会で負けたことがある。彼らはとても厄介なチームで、素晴らしいファンを持ち、特に彼らのホームでは難しい試合になる」と語った。『uefa.com』が伝えている。

そして王座防衛に向け「大きな挑戦だ。レアル・マドリードには再びトロフィーを獲得するチャンスがあると思う。この大会はとても難しいとわかっているが、なんでも簡単なことはない、トライするだけだ。私の意見では手強いグループに入ったと思っている。だが、今季も優勝は可能だと前向きに考えている」と意気込んだ。

レアル・マドリードは14日、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われるスポルティングとの一戦から2連覇に向けた戦いが始まる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/13(火) 17:10

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革