ここから本文です

レスター大敗にスポーツメディア「岡崎はゼーハーはしてたが、彼の日じゃなかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月13日(火)18時1分配信

チームはアウェイで大敗喫する

昨季のプレミアリーグ王者が苦しんでいる。10日にアンフィールドでリヴァプールと対戦したレスターは1-4で敗れ、今季早くも2敗目を数えてしまった。

リーグ戦4試合を終え、1勝1分2敗という戦績で16位に沈むレスター。この日もエースのジェイミー・バーディやリヤド・マフレズ、オルブライトン、そしてダニー・ドリンクウォーターといったお馴染みのスカッドが顔を揃えたものの、その鋭いカウンターサッカーは鳴りを潜めた。前節に続いてスタメン出場を果たした岡崎慎司も豊富な運動量で前線からチェイシングを繰り返し、ゴールに繋がるルーカス・レイバのパスミスを呼び込んだが、なかなかバーディとの連携を築くことはできず、良い形でシュートを放つことすらできない。このゲームを採点したオーストラリアのサッカー専門メディア『OUTSIDE 90』は日本代表ストライカーに5.5点を付け、「ゼーハーしてたが彼の日じゃなかった。後半開始前にベンチに下げられている」と紹介。またレスターで唯一ネットを揺らしたバーディについては次のような寸評を掲載している。

「キレのある動きを見せ、それはゴールによって報われた。今季のレスターが成功を掴めるかどうかは彼にかかっている」

今夏のマーケットではイスラム・スリマニやアーメド・ムサ、そしてルイス・エルナンデスといったメンバーを補強し、主な退団もエンゴロ・カンテのみに留めたレスターだが、そのフランス人MFの抜けた穴が想像以上に重くのしかかり、現時点においていまだに確固たる攻めの形を見出せていない。今後はチャンピオンズリーグも開幕し、さらなる強敵が待ち構えているだけに、一刻も早く打開策を見つけてほしいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月13日(火)18時1分

theWORLD(ザ・ワールド)