ここから本文です

バルセロナ“第4のFW“は「並外れたFWで高い得点能力がある」 DFジョルディ・アルバが擁護

theWORLD(ザ・ワールド) 9月13日(火)18時50分配信

バレンシアでチームメイトだった2人

この夏、スペイン代表FWパコ・アルカセルは、MSNの代役となる“第4のFW“としてバレンシアからバルセロナに加入した。リーガ・エスパニョーラ第3節アラベス戦では先発出場のチャンスを掴むも、良いパフォーマンスを発揮できず、チームもまさかの黒星を喫してしまった。

だがバレンシア時代にチームメイトだったジョルディ・アルバは彼を擁護する。「17歳のころから彼を知っている。彼は並外れたFWで高い得点能力がある。世界最高のストライカーが3人もいるクラブに移籍し、プレイするのが難しいことをわかっている。だが彼なら問題ない」と語っている。スペイン『as』が伝えた。

アルカセルはアラベス戦の前にバルセロナでのトレーニングは3回しか行っていなかったという。新たな戦術や動きに馴れるのはこれからだ。UEFAチャンピオンズリーグの初戦、セルティック戦では、実験のような試みをせず、スタメンには今季初めてMSNが並ぶ見込みとなっている。チャンスを掴むこともなかなか難しいが、“第4のFW“の今後の活躍に期待がかかる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月13日(火)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)