ここから本文です

バルサ&レアルでプレイしたレジェンドが語る「メッシにあってロナウドに無いモノ」とは?

theWORLD(ザ・ワールド) 9/13(火) 21:12配信

デンマークのレジェンドが2人に言及

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドはどちらが上なのか。多くの人間がそのお馴染みの質問に答えてきたが、ミカエル・ラウドルップはどのような回答をするだろうか。かつてバルセロナとレアル・マドリードの両クラブでプレイした経験を持つ元デンマーク代表が、2人の違いについて語っている。

毎年のようにゴールを量産し、伝統の一戦エル・クラシコではスペインの2強を代表するエースとしてこれまでに何度も凌ぎを削ってきたメッシとロナウド。2人の比較論については先日、元バルセロナのシャビが「彼らを比べたがるのはマドリードの人間くらい」と話し多くの反響を呼んでいたが、かつて“バルセロナ&マドリードの人間”だったラウドルップは2人をどう捉えているのか。スペイン『Cadena COPE』が彼のコメントを伝えた。

「メッシとロナウドはおよそ8年間にわたってサッカー界の2大巨頭として君臨し続けている。でも、もしもどちらのプレイヤーがより素晴らしいかと聞かれれば、私は個人的な好みもあり、メッシの方を選ぶよ。クリスティアーノは全ての面において完成されている選手だ。一方のメッシは純粋に天性の才能に溢れているよ。我々の時代に活躍したディエゴ・マラドーナのようさ。メッシにはクリスティアーノには持ち合わせていない確固たるプレイのビジョンがあるんだよ」

相手DFが想像だにしない閃きによって、魔法のようなプレイを連発するメッシがより好みだと語ったラウドルップ。確かに空中戦の強さやキック力、さらには無回転FKなど、総合的なバランスに優れているロナウドに対し、メッシは敵をドリブルによって置き去りにする能力が突出して高く、1vs1の対峙能力で他の追随を許さない。今後もこの“究極の質問”は様々なシーンで投げかけられることになるだろうが、その度に回答者のサッカー観が浮き彫りになるのも興味深いところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/13(火) 21:12

theWORLD(ザ・ワールド)