ここから本文です

Ken(L'Arc~en~Ciel)主催【PARTY ZOO】名古屋公演レポート到着

Billboard Japan 9/13(火) 18:15配信

 Ken(L'Arc~en~Ciel)自ら声をかけた仲間たちが集結し、全国5か所をまわるイベント【PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~】。2016年9月1日にツアー初日の名古屋公演が開催された。

【PARTY ZOO】名古屋公演写真

 トップバッターとして登場したのはAKi(シド)。ソロツアーを経て得た、たくましさや頼もしさの感じられるパフォーマンスをしたあと、AKiは「最高の初日でした! 新曲も初披露なのにフロアのグルーヴもアツくて、みんなライブを見に来るんじゃなくライブをしに来てくれる様な気がしました、ありがとう! 素晴らしいイベントでした! マジみんな見に来て、後悔しねーから!」と投げかけた。

 続いて登場したのはgibkiy gibkiy gibkiy。百戦錬磨のメンバーが作り出す異世界と、kazuma(vo)の圧倒的な存在感を見せつける。また、sakura(dr) も「温故知新 猛獣たちを仕切るのは百獣の王 Kenライオン」と表現するKenが2曲参加し、5人の即興演奏を旨としたドープな絡みが披露された。

 それから「Deeply Entwining Session」と銘打たれた1つ目のセッションコーナーへ。登場したのは、kazuma(vo)、aie(g)、ミヤ(g)、kazu(b)、sakura(dr)を擁するMerry Go Round Respects。このシーンを引っ張ってきたヴォーカリストの一人であるkazumaとの共演ということで、ミヤも嬉しそうに「園長ということで名古屋といえばkazumaさん。kazumaさんといえばMerry Go Round。ということで演らせていただきました。光栄でした」と語った。

 続くBAROQUEのステージでは、怜(vo)の涼しげな声と、クリアに鳴り響く圭(g)のギターの音色が会場を塗り変えていく。途中、機材トラブルによって聴くことのできた怜のアドリブの歌声も、この日の偶然の宝物のようだった。「遂に迎えた初日、個人的には悔しいトラブルもあり迷惑かけちゃったけど想像以上に楽しい【PARTY ZOO】だった。 出てるバンド皆リスペクト出来る人達だしお客さん達も素敵でまだ初日なのにあと4本で終わっちゃうのがもう寂しい感じ。次の豊洲もがんばる」と圭はコメント。

 トリには貫禄たっぷりのMUCCが登場。このPARTYを一番楽しんでいるのは自分たちだと言わんばかりのハードで熱量溢れるライブを魅せつける。和を感じさせる衣装を羽のように広げ妖艶な逹瑯(vo)は、「パーティーの幕開けだ!! 一番楽しんだヤツの勝ち!! ドンドンいっちゃって頂戴!!」と観客を煽った。

 そして再びセッションコーナーへ。曲ごとに参加アーティストが変わるKen with Naughty starsだったが、全曲に参加したミヤ(g)は、「独断でKenさんの「Speed」、S.O.A.P.の「Dunce」、そしてそして、初めてコピーしたラルクの曲「Vivid Colors」を演らせていただいて感動でした!! PARTYは続く!! 動画UPするからZOO SONG覚えてきてね!!」と喜びを語った。

 この日初めて演奏されたPARTY ZOO公式ソングでは、出演者が勢ぞろい。この曲では観客も【PARTY ZOO】の一員としてライブに参加し、出演者と感覚を共有できるようになっている。

 Kenは「このイベント、楽しくなればいいなと思ってたけど、こんなに楽しくなるなんて想像を超えてた。みんなに声かけて集まったらこんなに楽しいことが起こるなんて、すごくない!? このあとの公演もお楽しみに~!」とコメント。ツアーはこのあと、豊洲PIT、堂島リバーフォーラム、Zepp DiverCity Tokyo、仙台PITと続いていく。



◎【PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~】2016.9.11 セットリスト

<AKi>
1. Fx$k the WORLD!
2. FREAK SHOW
3. ミッドナイト/狂騒/DARLING:
4. FAIRY DUST
5. LOOP
6. STORY(新曲)
7. libido
8. The Inside War

<gibkiy gibkiy gibkiy>
1. I LOVE YOU
2. 箍を外す場合、穴に群れる具合
3. 蟻は血が重要である(with Ken)
4. 形の無い、何よりも、愛したのは、お前だけが(with Ken)
5. 脳内に

~Deeply Entwining Session~
<Merry Go Round Respects>
1. 禁じられた遊び
2. 実験体
3. 桜の満開の木の下で
Vocal:kazuma
Guitar:aie、ミヤ
Bass:kazu
Drums:sakura

<BAROQUE>
1. DREAMSCAPE
2. ガリロン
3. SWALLOW THE NIGHT
4. MEMENTO
5. 魔女と林檎
6. 我伐道
7. CELEBRATE
8. PLANETARY LIGHT
9. G I R L

<MUCC>
1. THE END OF THE WORLD
2. ENDER ENDER
3. CLASSIC
4. KILLEЯ
5. ハイデ
6. Mr.Liar
7. 蘭鋳
8. TONIGHT

<Ken with Naughty stars>
1. Dunce
Vocal:Ken
Guitar:ミヤ
Bass:YUKKE
Drums:sakura
2. Speed
Vocal:Ken, AKi
Guitar:ミヤ、圭
Bass:YUKKE
Drums:sakura
3. Vivid Colors
Vocal:逹瑯、怜
Guitar:ミヤ、圭、Ken
Bass:YUKKE、AKi
Drums:sakura
4. PARTY ZOO
Vocal:逹瑯、怜, AKi、Ken
Guitar:ミヤ、圭、Ken、aie
Bass:YUKKE、AKi、kazu
Drums:sakura
and Naughty stars

◎【PARTY ZOO~Ken Entwines Naughty stars~】
全会場 OPEN 16:00 / START 17:00 / CLOSE 21:30(予定)
2016年09月11日(日)名古屋ダイアモンドホール ※2F指定席あり【終了】
2016年09月18日(日)豊洲PIT
2016年09月25日(日)堂島リバーフォーラム ※2F指定席あり
2016年10月02日(日)Zepp DiverCity Tokyo ※2F指定席あり
2016年10月09日(日)仙台PIT

最終更新:9/13(火) 18:15

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]