ここから本文です

マーベル『パニッシャー』実写TVドラマ化、『ナルニア国物語』B・バーンズが出演か

クランクイン! 9月13日(火)20時0分配信

 『Marvel デアデビル』のスピンオフとして制作される、パニッシャーを主人公にした新テレビドラマ『The Punisher(原題)』に、映画『ナルニア国物語』シリーズでカスピアン王子を演じたベン・バーンズがレギュラー出演するという。

【関連】マーベルヒーロー&悪役を演じた俳優 定番から懐かしまで大集結!<フォト特集>


 TV Lineによると、ベンの役は詳細がベールに包まれたままだが、デアデビルの強敵パニッシャーと対立するボビー・セイントを演じると予想されているそうだ。ベンのキャスティングについて、制作のNetflixはコメントを控えたという。

 ボビー・セイントはトム・ジェーンをパニッシャーことフランク・キャッスル役に迎えて映画化された2004年の映画『パニッシャー』に登場した。FBIに息子ボビー(ジェームズ・カルピネロ)を殺害されたハワード・セイント(ジョン・トラボルタ)が復讐のために、潜入捜査官だったフランクの妻子を殺害したことから、フランクが無慈悲の死刑執行人パニッシャーと化す糸口を作る。

 海外ドラマ『Marvel デアデビル』では、シーズン2にパニッシャーことフランク・キャッスルが登場し、好評を博した。演じるのは海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のジョン・バーンサルだ。

 北米でのリリース時期は2017年11月と伝えられている。海外ドラマ『ハンニバル』シリーズで脚本・製作総指揮を務めたスティーヴ・ライトフットが、ショーランナーとして陣頭指揮を執る。

最終更新:9月13日(火)20時0分

クランクイン!