ここから本文です

Superfly、『ウシジマくん』主題歌MVで主演・山田孝之と再コラボ!

RO69(アールオーロック) 9月13日(火)10時0分配信

Superflyが2016年9月14日(水)にリリースする21枚目のシングル『Good-bye』より表題曲のミュージックビデオを公開した。

“Good-bye”ミュージックビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=JC_gpREdPXw

“Good-bye”は、2016年10月22日(土)公開の映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』の主題歌となっており、ミュージックビデオには同映画で主演を務める山田孝之が出演している。

同ビデオの監督は、Superfly作品を多く手掛ける番場秀一が担当しており、曲に対して「それぞれが生きていて、誰かに合図を送っている。『さよなら』だけど『さよなら』じゃない。この楽曲が伝えたいことを作品にしました。」というコメントを寄せている。内容は、9人の子供達が、煙や踊りで自分達のメッセージを山田に届けるというシーンで構成されており、楽曲の世界観を表現しているという。

リリース情報は以下のとおり。

●リリース情報
『Good-bye』
2016年9月14日(水)発売
WPCL-12429(CD) ¥1,500(本体)+税
<収録曲>
1.Good-bye(※『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』主題歌)
2.天上天下唯我独尊(※『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』イメージソング)
3.心の鎧(※『闇金ウシジマくん Part3』主題歌)
4.万華鏡と蝶(※『闇金ウシジマくん Part2』イメージソング)
5.Live(※『闇金ウシジマくん Part2』主題歌)
6.No Bandage(※『闇金ウシジマくん』イメージソング)
7.The Bird Without Wings(※『闇金ウシジマくん』主題歌)

RO69(アールオーロック)

最終更新:9月13日(火)10時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。