ここから本文です

首位広島ユース、2点差を追いつき勝ち点1を獲得/高円宮杯プレミアリーグWEST第12節

SOCCER KING 9/13(火) 11:39配信

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグWEST第12節が10、11日に行われた。

 大分トリニータU-18との一戦に臨んだ首位のサンフレッチェ広島F.Cユースは、41分と43分に連続失点。2点のビハインドで迎えた後半、49分に満田誠が、51分に三原大幸が決めて同点に追いつく。その後、逆転ゴールは奪えなかったものの、広島ユースは敵地で貴重な勝ち点1を手にした。

 広島ユースのキャプテン、イヨハ・理・ヘンリーは「(2位以下との)勝点を広げるためにも、しっかりと勝たなければいけませんでした」と反省を口にした。「前半は得点を取り返せなかったですが、ハーフタイムに切り替えました。監督の『リードされるのもいい経験だ。しっかり取り返せばいい』という言葉を受け、後半の最初に2点を奪ったことは収穫だと思います。もちろん、勝点3がほしかったのですが、この勝点1を意味のあるものにするためには、残りの試合に勝ち続けること。大分戦で引き分けたことによってWEST優勝に結びついたと言えるように、これからの試合を大事に戦いたいと思います」と続けた。

 2位のセレッソ大阪U-18はヴィッセル神戸U-18と対戦。C大阪U-18は9分に松岡大智のゴールで先手を奪うが、終了間際の85分とアディショナルタイムに連続失点を喫して白星を落とした。

 3位の東福岡高校は大津高校との点の奪い合いを制して3-2で勝利。首位広島ユースとの勝ち点差を「3」に縮めている。

 プレミアリーグWEST第12節の結果は以下のとおり。

■プレミアリーグWEST第12節
神戸U-18 2-1 C大阪U-18
名古屋U18 2-2 京都U-18
大分U-18 2-2 広島ユース
神戸弘陵 2-3 G大阪ユース
東福岡 3-2 大津

■プレミアリーグWEST順位表(第12節終了時点)
1位 広島ユース(勝点29/得失点差15)
2位 C大阪U-18(勝点26/得失点差15)
3位 東福岡(勝点26/得失点差9)
4位 神戸U-18(勝点22/得失点差6)
5位 G大阪ユース(勝点19/得失点差2)
6位 京都U-18(勝点12/得失点差-5)
7位 名古屋U18(勝点9/得失点差-5)
8位 大津(勝点9/得失点差-12)
9位 神戸弘陵(勝点9/得失点差-13)
10位 大分U-18(勝点8/得失点差-12)

SOCCER KING

最終更新:9/13(火) 12:00

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。