ここから本文です

マラドーナ、監督業に復帰? ウルグアイ1部ペニャロールの指揮官に就任か

SOCCER KING 9月13日(火)12時24分配信

 ウルグアイ・プリメーラ・ディビシオン(1部リーグ)に所属するペニャロールの次期指揮官に、ディエゴ・マラドーナ氏の名前が浮上しているようだ。南米サイト「PASIONFUTBOL」が12日、報じた。

 同メディアによれば、マラドーナ氏がペニャロールの監督就任に近づいてる模様だ。12日にはクラブとマラドーナ氏の間でスカイプによる3度目の会談が行われ、今後の計画等について話し合ったという。

 ペニャロールは昨シーズンまで元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが所属していたクラブで、昨シーズンは年間順位で首位に立ち3年ぶり50回目の優勝を達成した強豪だ。現在はジョルジュ・ダ・シウバ監督が指揮を執っているが、10月3日に退任すると報じられている。

 マラドーナ氏は2008年からアルゼンチン代表監督を務め、2010年には南アフリカ・ワールドカップを戦った。2012年にアラブ首長国連邦のアル・ワスルの指揮官を解任されて以降は監督業から離れており、ペニャロールへの就任が現実となれば、4年ぶりにマラドーナ氏がピッチに帰ってくることになる。

SOCCER KING

最終更新:9月13日(火)13時16分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]