ここから本文です

アルナスルの選手が国籍違反…ACL準々決勝第1戦のアルジャイシュ戦が没収試合に

ゲキサカ 9/13(火) 8:35配信

 アジアサッカー連盟(AFC)は12日、8月24日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦のアルジャイシュ(カタール)対アルナスル(UAE)を没収試合にすることを発表した。

 アルナスルのFWワンダレイが国籍を偽って出場していたことが理由のようだ。ワンダレイはブラジル出身の選手だが、国籍をインドネシアとし、“アジア枠”の選手として登録していた。ACLは外国籍選手の他に、アジア枠として外国籍選手を起用できるが、ワンダレイはアジア枠ではないと、AFC規律委員会によって判断された。

 試合はワンダレイの2ゴールなどでアルナスルが3-0で勝利していたが、今回の決定により、アルジャイシュの3-0勝利として扱われる模様。第2戦は14日にアルナスルのホームで行われる。なお、アルナスルに1000ドル(約10万2000円)の罰金を科すことも発表されている。

最終更新:9/13(火) 15:20

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]