ここから本文です

ペップ、アグエロのCL出場を示唆「怪我をしていたわけではない」

ゲキサカ 9月13日(火)9時51分配信

 マンチェスター・シティは13日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第1節でボルシアMG(ドイツ)をホームに迎える。ジョゼップ・グアルディオラ監督は、前日会見でFWセルヒオ・アグエロの起用を示唆した。クラブ公式サイトが伝えている。

 アグエロは、8月28日のウエスト・ハム戦での“ひじ打ち”で、イングランドサッカー協会(FA)からプレミアリーグ3試合の出場停止処分を受けた。また、左ふくらはぎ痛により、9月開催のW杯南米予選に臨むアルゼンチン代表の参加を見送っていた。

 ボルシアMG戦に向けて会見に出席したグアルディオラ監督は、「アグエロはプレーできるよ。彼は(10日のマンチェスター・ユナイテッド戦は)出場停止だった。怪我をしていたわけではない」と、アグエロは出場可能だと強調した。

 また、離脱中のMFイルカイ・ギュンドガンやDFビンセント・コンパニの復帰も近いという。「トレーニングに一生懸命励んでいるよ。ユナイテッド戦に出場しなかったすべての選手が、一生懸命にトレーニングに参加していて、とても良い練習をしている。彼らは、次の18日間で行なわれる6試合に備えている」。シティは万全な状況で今後の過密日程に臨むことができるようだ。

最終更新:9月13日(火)9時51分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。