ここから本文です

「まるで校庭で遊ぶ子どものよう」 キャラガー氏がポグバを批判

ゲキサカ 9月13日(火)12時3分配信

 ニースに所属するFWマリオ・バロテッリとの“皮肉合戦”が続く、リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が、今度はマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバのパフォーマンスについて噛みついた。英『ミラー』が伝えている。

 ユナイテッドは10日、本拠地オールド・トラッフォードでマンチェスター・シティと172回目のマンチェスター・ダービーを行い、1-2で敗れた。キャラガー氏は、「毎週、私たちはジョゼップ・グアルディオラを賞賛してきたが、最初の数試合を観るかぎり、特別変わったことはしていない。だから、ペップが正しかったというよりは、ジョゼ・モウリーニョが間違えていたと言ったほうがいいね」と、ユナイテッドの敗戦を分析した。

 この点についてはモウリーニョ監督も試合後に、「2、3人の選手については、今の時点、すなわち、ゲームがあのような展開になるとわかっていたならば先発で起用していなかった。何人かの選手は、私が求めているプレーを発揮してくれなかった。それは彼らの落ち度か?あるいは私か?もちろん私の落ち度だ。なぜなら私が指揮官であり、チームを選択したからだ」と采配ミスを認めていた。

 また、キャラガー氏は今夏フットボール史上最高額の移籍金でユナイテッドに復帰したフランス代表MFのパフォーマンスについても言及。「うまく統制されていなかった。まるで校庭で遊ぶ子どものようだったよ。行きたいところに走って行って、自分のやりたいことだけをやりたがっていた」と批判し、「マルアン・フェライニをかわいそうに思うよ。ポグバのせいで、中央にできたスペースを埋めなければならなかったからね」と皮肉った。

最終更新:9月13日(火)22時13分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。