ここから本文です

「クラブ史上最悪のミス」 バロテッリの“恨み節”にリバプールファンが激怒

ゲキサカ 9月13日(火)13時16分配信

 リバプールファンが、「リバプールに加わったのは人生最悪の決断だった」と語ったFWマリオ・バロテッリに反論した。英『デイリー・エクスプレス』が伝えている。

 2014年8月にFWルイス・スアレスの後釜としてリバプールに加入したバロテッリだが、期待された活躍をみせることができず、15-16シーズンに古巣ミランにレンタル移籍。しかし、ミランでもセリエA20試合で1ゴールに終わり、今夏リバプールで戦力外を告げられ、フリートランスファーでニースに加わった。

 11日に行われたマルセイユ戦でリーグ1デビューを飾ったバロテッリは、いきなり2ゴールを記録し、3-2の勝利に貢献した。『カナル・プリュス』によると、「リバプールに加わったのは人生最悪の決断だった。素晴らしいファンと何人かの選手たちとは良い関係を築けたが、クラブのことは好きにならなかった」と、過去の選択を悔やんでいた。

 これにはリバプールファンも激怒。ツイッターを通じて、「彼の獲得は124年のクラブ史上最悪のミスだった」、「だからなんなんだ?戻ってくるなよ」などと辛辣なコメントをバロテッリに浴びせた。一方で、「彼に才能があることは否定できない。バカだったことが残念だ」と嘆くサポーターもいたようだ。

最終更新:9月13日(火)16時4分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報