ここから本文です

8月の月間MVP発表!! J1は“固め打ち”のG大阪FW長沢、J2は群馬の残留争い脱出に貢献のMF松下

ゲキサカ 9月13日(火)15時19分配信

 Jリーグは13日、8月度の「明治安田生命Jリーグ 月間MVP」を発表した。J1はガンバ大阪のFW長沢駿、J2はザスパクサツ群馬のMF松下裕樹が選出。ともに初受賞となる。

 長沢は8月に行われた全4試合に出場し、4得点を記録した。Jリーグ選考委員会は「4試合合計の出場時間が130分と短いにもかかわらずリーグ1位タイとなる4得点と結果を出したことは評価に値する」と長沢の高い決定率を称賛。また、月間ベストゴールも受賞した第2ステージ第10節湘南戦での華麗なボレーシュートにも触れ、「多彩な得点でチームを勝利に導いた」と得点パターンの豊富さも選出の理由に挙げた。

 8月に行われた全4試合にフル出場した松下は、チームの4戦負けなし(3勝1分)に大きく貢献。Jリーグ選考委員会は「昨年群馬に復帰すると、抜群の運動量とキャプテンシーでチームをけん引し続けており、7月末時点で20位と残留争いを続けるチームを攻守両面において支え、15位まで躍進させた原動力となっている」と、残留争いからチームを脱出させた働きを評価した。

 なお、賞金として長沢に30万円、松下には20万円が贈られる。

最終更新:9月13日(火)16時7分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。