ここから本文です

ラウルがバルサのイベントに出席して炎上→自ら火消し

ゲキサカ 9/13(火) 21:27配信

 バルセロナは6日、ニューヨークに新オフィスをオープンした。その記念イベントに元レアル・マドリーのラウル・ゴンサレス氏が参加したことで、一部のレアルファンから非難されていたが、本人がこれについて釈明した。

 スペイン『マルカ』によると、ラウル氏は地元ラジオ局の番組内で「私はニューヨークにあるバルセロナの新オフィスのオープニングイベントに行き、自分の役目を果たしただけだ。私はレアルのファンだが、これまで常に全てのクラブをリスペクトしてきた」と、バルセロナに肩入れしたわけではないことを主張した。

「全てのマドリディスタは、私がリーガ・エスパニョーラのために働くことを知っているはずだ。バルセロナがニューヨークで新オフィスをオープンしたなら、私はそこに駆けつける必要があるんだよ」。リーガの代表として尽力するラウル氏は、レアルのファンに理解を求めた。

最終更新:9/13(火) 21:27

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています