ここから本文です

「Facebook Messenger」のボットで決済が可能に--米国で

CNET Japan 9月13日(火)7時45分配信

 「Facebook Messenger」のボットが米国でネイティブな決済に対応する。同社幹部が米国時間9月12日、サンフランシスコで開催されたTechCrunch Disruptで明らかにした。

 つまりMessengerユーザーは、取引を完了するために外部のウェブサイトに転送されることなく、同アプリ内で直接決済できるようになると、Facebookのメッセージング製品担当バイスプレジデントを務めるDavid Marcus氏は同イベントで語った。

 ユーザーがMessengerに保存したクレジットカード情報が、ボットとのチャット時に瞬時に決済に使用される。同社のブログ記事によると、この機能はまだ開発者らによってテストされている最中だが、「2016年末までにより広い範囲を対象に」提供される見込みだという。

 Facebookは、Stripe、PayPal、Visa、MasterCard、American Expressなどと提携して、Messengerでの決済のサポートに取り組んでいるとMarcus氏は述べた。

 Facebookは、着実にMessengerを改良している。4月には、チャットボットを同アプリに導入した。チャットボットとは、人工知能(AI)に基づいて単純な処理を実行できるソフトウェアだ。例えば、「1-800 Flowers」のボットでは、Messengerアプリから離れることなく、また、他の人間とやり取りすることなく、花を注文することができる。Marcus氏によると、4月の導入以来、約3万4000人の開発者によって3万のボットがMessenger上に構築されたという。

 さらに多くの機能が同アプリに追加されるにつれて、長期的には「ユーザーの生活を、より整理された形でMessenger上にまとめて取り込むこと」が目標だとMarcus氏は述べた。

 またMarcus氏は、Messengerでビデオ通話や音声通話を利用する月間アクティブユーザーが3億人であることも明らかにした。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月13日(火)7時45分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]