ここから本文です

Twitter、字数制限の緩和は9月19日か

CNET Japan 9月13日(火)11時16分配信

 Twitterは米国時間9月19日、同社のソーシャルネットワークにいくつかの変更を実装する予定で、ユーザーはこれまでより文字数の多いツイートを投稿できるようになるという。The Vergeが12日に報じた。

 この変更によって、写真やGIF、動画、投票などの添付メディアを含む一部のコンテンツが140文字の制限から除外される。それに比べると影響は小さいが、返信ツイートの「@ユーザー名」の部分も文字数にカウントされなくなる。

 これらの変更点は5月に発表されたが、当時Twitterは実装時期を明言しなかった。同社はThe Vergeの報道について、コメントを控えた。

 Twitterの厳しい文字数制限は、ユーザーにとって議論の争点となってきた。1月には、Twitterがツイートの文字数の上限を1万文字に拡大することを検討中とのうわさが流れた。しかし、Twitterの最高経営責任者(CEO)を務めるJack Dorsey氏が3月、NBCの番組「Today」で140文字の制限は撤廃しないと述べたことで、この憶測は収束した。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月13日(火)11時16分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]