ここから本文です

米ERATOから完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン--約4gのコンパクトボディ

CNET Japan 9月13日(火)11時22分配信

 モバイルケースやバッテリなどの販売を手掛けるバリュートレードは、米ERATOブランドのワイヤレスイヤホン「Apollo7」の販売を開始すると発表した。ケーブルレスの完全ワイヤレスモデルになる。9月13日に予約を開始し、9月30日にヨドバシカメラ、ビックカメラ、e☆イヤホンの店舗にて発売する。税込価格は3万9830円。

 「EARIN」やオンキヨーの「W800BT」同様に、左右のイヤホンをつなぐケーブルをなくし、イヤホン部のみで再生する完全ワイヤレスイヤホンだ。

 イヤホン部は15.4mm×22.2mmで、重量約4gのコンパクトサイズの中に、ワイヤレス用のBluetoothのチップとアンテナを実装した基盤、50mAhのリチウムイオン充電池、マイクロスピーカドライバ、ハンズフリー通話用のマイクを内蔵。省電力機能を備え、音楽再生連続3時間、通話時間連続4時間を実現する。

 IPX7に準拠した防水性能を備え、「ワンクリック」「ダブルクリック」「2秒長押し」「5秒長押し」の4つのアクションで、全ての操作が完結するとしている。

 充電機能を備えた収納ケースには、300mAhのリチウムイオン充電池を内蔵。イヤホンをどの角度でもセットできる。充電ケースのサイズは高さ40mm×幅62.5mm×奥行き25..5mmで、重量約52g。USBケーブルのほか、シリコン製のイヤチップ、スタビライザーロック、コンプライ製のフォームチップが付属する。

最終更新:9月13日(火)11時22分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]