ここから本文です

交換対象の「Galaxy Note7」、爆発で6歳児がやけど

CNET Japan 9月13日(火)11時52分配信

 交換の対象となっているサムスンの「Galaxy Note7」が米国時間9月10日夜に爆発し、ニューヨークのブルックリンに住む6歳の男児が手にやけどを負ったとNew York Postが報じている。

 男児がGalaxy Note7で動画を視聴していると、手の中で端末が突如爆発した、と男児の祖母はNew York Postに語っている。家族が救急車を呼び、男児はやけどで病院に搬送された。男児はすでに病院から自宅に戻っている。祖母によると、男児は怖がってほかのデバイスに近づくこともできない状態だという。

 サムスンは文書によるコメントでこの事故について認め、男児の家族とすでに接触したことを明らかにした。

 「当社はすべての報告を非常に深刻に受け止めており、詳しい状況を知るためにLewis家と連絡を取っている。この件については現在調査中のため、現時点ではこれ以上コメントできない」と広報担当者は述べている。

 サムスンは、バッテリが過熱して発火したという35件の報告を受け、9月初めにGalaxy Note7の自主交換を発表した。同社はすべてのGalaxy Note7の交換に応じる意向を示している。取り組みを迅速化するため、先週には米消費者製品安全委員会(CPSC)が介入し、サムスンと連携してリコールを進めている。

 また、米連邦航空局(FAA)は8日、航空機の乗客に対し、機内でGalaxy Note7の電源を入れたり充電したりしないよう警告した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月13日(火)11時52分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]