ここから本文です

太陽を部屋の照明にするスマート反射鏡「Lucy」--太陽の動きを自動追尾

CNET Japan 9月13日(火)16時15分配信

 夏のあいだは冷房効率を高めるため、直射日光が部屋に入らないようカーテンやブラインドなどを使っていた。しかし、これからの秋や冬、そして春は、太陽の光を招き入れ、部屋を暖かく明るくして過ごしたい。

 そこで、太陽光を部屋の照明として活用できるスマート反射鏡「Lucy」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

 Lucyは、直径40cmの球形をしたスマートデバイス。日なたに置くと、内部にある直径36cmの鏡で太陽光を反射させて部屋の天井や壁を照らせる。光量は1万ルーメンあり、46.5平方mある部屋を十分明るくできるそうだ。照明として使うだけでなく、屋内の植物に日光を当てることにも利用可能。

 太陽の位置は地球が自転する影響で変わるわけだが、Lucyは太陽の動きを追尾し、反射光を同じ位置に当て続ける。面倒な設定作業は不要で、最初にLucyを置き、反射光の位置を決めると、鏡が自動的に動いて反射方向を調整してくれる。

 Lucyは太陽光発電パネルを搭載しており、動作用の電力も太陽光から得る。そのため、充電したり、電源ケーブルを接続したりする必要がなく、設置場所を選ばない。

 屋外に置くことが多いため、雨などに当たっても差し支えない構造を採用。さらに、セキュリティロックも取り付けられるので、持ち去られる心配もない。

 Indiegogoでの目標金額は5万ドル。記事執筆時点(日本時間9月13日12時)でキャンペーン期間は1カ月残っているが、すでに目標の2倍を超える約12万ドルの資金を集めている。

最終更新:9月13日(火)16時15分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]