ここから本文です

ドコモ、500Mbpsの高速通信を2017年3月から一斉展開

CNET Japan 9月13日(火)17時35分配信

 NTTドコモは9月13日、2つの新技術「256QAM」と「4×4MIMO」を導入し、LTE-Advancedをさらに高度化した受信時最大500Mbps以上の高速通信サービスを、2017年3月に開始することを発表した。サービス開始当初から、東京23区や名古屋市、大阪市など70都市の約1100局で、一斉に展開するという。

 ドコモは2016年5月に、複数の周波数帯を束ねる「キャリアアグリゲーション」の周波数帯を2つから3つに拡張することで、国内最速の受信時最大375Mbps(FDD)の通信サービスを開始。また、6月には新たな周波数帯3.5GHzを導入したことで大容量化した受信時最大370Mbps(TDD+FDD)の通信サービスを開始している。

 同社は、効率的にLTE-Advancedをエリア展開するために、1つのマクロセル(出力の大きい基地局)の中に複数のスモールセル(小出力の基地局)を追加し、複数の基地局を一元的に制御できる「高度化C-RAN」技術を導入している。また、あらかじめ高速化に対応するアンテナ装置などを設置することで、基地局のソフトウェア更新によって、一斉に高速化できるとしている。

 今回新たに発表された受信時最大500Mbps以上の通信サービスは、複数のアンテナを組み合わせてデータを送受信する技術である「MIMO(マイモ)」と、複数の情報を一度に送る変調方式である「QAM(カム)」の拡張によって実現するという。

 具体的には、これまで2本だった基地局と端末のアンテナ数を4本に増やし、データを多重で伝送することで、3.5GHz帯の電波を利用して実現していた受信時最大370Mbps(TDD+FDD)の通信サービスを受信時最大512Mbpsへと高速化するという。また、これまで64QAM(6ビット)の情報量を運んでいたものを、256QAM(8ビット)に増やすことで、約1.33倍の高速化を実現。これまで最速だった受信時最大375Mbps(FDD)のネットワークを最大500Mbpsへ高速化する。

 同社によれば、たとえば5分間の4K動画の場合、受信時最大500Mbpsの通信サービスでは、LTEの受信時最大150Mbpsサービスと比べて、約3分の1の30秒でダウンロードできるようになるという。今後もキャリアアグリゲーションの拡張による高速化を進め、2017年度以降にLTE-Advancedでの受信時最大1Gbpsの通信サービスの提供を目指すとしている。

 なおドコモは同日、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」において、大容量パケットパック「ウルトラパック」を、9月14日から提供すると発表した。20Gバイトで月額6000円の「ウルトラデータLパック」、30Gバイトで月額8000円の「ウルトラデータLLパック」を提供。また、家族でデータ量をシェアできるウルトラシェアパックも用意した。50Gバイトで1万6000円の「ウルトラシェアパック50」、100Gバイトで2万5000円の「ウルトラシェアパック100」を提供する。

最終更新:9月13日(火)17時40分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]