ここから本文です

韓進海運の破綻、業界にリーマン級の衝撃-シースパンCEO

Bloomberg 9月13日(火)14時17分配信

韓国の韓進海運の経営破綻は海運業界にとって2008年の米リーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻に匹敵する出来事であり、同業界に多大な損害をもたらしている。コンテナ船リース会社シースパンのジェリー・ワン最高経営責任者(CEO)が指摘した。

韓国海運最大手の韓進海運は8月末に法定管理を申請。シースパンは同社に船舶3隻をリースしている。ワンCEOはブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、韓進海運破綻に伴うシステミックリスクを調べており、あらゆる選択肢を検討していると語った。シースパンは6月に韓進海運から求められた用船料の引き下げを拒否していた。

ワンCEOは韓進海運の破綻で「数百万ドル相当の貨物が船に積まれたままとなっており、これは大きな損害だ。かつてない規模だ」と語った。

同CEOはさらに、安全への逃避が起きていると指摘。「運賃は短期的に急激に上昇したが、長期的にはどうなるか分からない。一つだけ確実なことは、今回の影響が需給にはプラスになるということだ」と述べた。

原題:Hanjin’s Fall Is Lehman Moment for Shipping, Seaspan CEO Says(抜粋)

Rishaad Salamat, Kyunghee Park

最終更新:9月13日(火)14時17分

Bloomberg