ここから本文です

ディーマジェスティ、セントライト記念厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 9/14(水) 15:21配信

 セントライト記念(GII・芝2200m)で秋初戦を迎える皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3・美浦・二ノ宮敬宇)が、蛯名騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後の二ノ宮調教師のコメント。

「皐月賞(GI)を勝たせてもらった後、ダービーに向けて調教していく中で、順調ではないところもありました。それも馬自身の力で立ち直ってくれましたし、スタッフも一生懸命やってくれたおかげでダービーに出走できました。ダービー(GI・3着)ではジョッキーも一生懸命やってくれましたし、レースですから展開もありますからね。馬もジョッキーもスタッフも全力を尽くして頑張ってくれましたが、あの時点では力不足だったかなと反省もしています。

 ダービー後はさほどダメージもなく、北海道へと順調に送り出せました。まず函館競馬場で2、3日過ごして、その後はファンタストクラブ内の木村牧場で調整していました。その間、熱発があったりもしましたが、疲れも取れて調教をし始めました。ただ元々ツメが丈夫ではなくて、この兄弟はみなツメが小さいということもあり、蹄鉄の釘がなかなか打ちづらく、接着材で蹄鉄を装着しました。それで蹄底の成長を促し、2か月弱でだいぶツメも伸びてきましたので、そのまま函館に移動して何本か調教をしました。

 その後8月末に美浦に戻ってきましたが、こちらでは普通の蹄鉄を打っていますし、今はツメも良い状態で問題はありません。先週は息を作るのに、走る馬と一緒に長めから追い切りました。今日(9/14)は前の2頭を後ろから追いかけて、終いの感覚をジョッキーに掴んでもらうようにしました。走りづらい馬場でしたが、時計は予定より速くなりましたし、終いもしっかり伸びてくれました。

 春に比べて体重はさほど変わっていないと思いますが、つくところに筋肉がついたという感じもしますし、馬も落ち着いています。休み明けなので非常に元気が良く、貫禄もついてきた感じがします。普段から大人しく、競馬場でもさほどイレ込まないので、レースでも実力を発揮できるのだと思います。中山は経験がありますし、距離も問題ないでしょう。終いの脚がキッチリと決まるような競馬を期待していますが、次に向けて良いレースをしてほしいですね。あとはジョッキーに任せるだけです」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:9/14(水) 15:21

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。