ここから本文です

CyberZ、「AI技術推進室」を新設~スマホ広告測定ツールに機械学習によるTVCM分析機能を実装

MarkeZine 9月14日(水)8時0分配信

 サイバーエージェントの連結子会社であるCyberZは、人工知能を活用した広告の自動化・効率化、並びにアドテクノロジー分野におけるサービス開発を目的とした「AI技術推進室(AITEC:アイテック)」を新設した。第一弾として、同社が提供するスマートフォン広告向け効果測定ツール「F.O.X」におけるTVCM分析機能の提供を開始した。

 同機能では、TVCMによるアプリのインストール、アプリ起動などのリエンゲージメント効果やWEB広告への影響を機械学習を用いて分析する。

 さらにゼータ・ブリッジが保有する「TVCMメタデータ」と連携し、関東圏のCMをモニタリングすることがF.O.X上で可能になる。

最終更新:9月14日(水)8時0分

MarkeZine