ここから本文です

オリックス糸井が大谷164キロを2点適時打に!“超人”その速球は「のぞみ」

デイリースポーツ 9月14日(水)5時0分配信

 「日本ハム4-2オリックス」(13日、札幌ドーム)

 オリックスの超人・糸井嘉男外野手が日本最速164キロを打ち返して見せた。三回1死二、三塁の好機に初球だった。内角に来た日本ハム・大谷の剛球にも負けることなく、強引に振り抜くと打球は二塁の頭上を越え右前に落ちる先制2点適時打になった。

 一塁上で両手を振りながら笑顔で一塁ベンチを見た。

 「しびれたわ。164キロ?知らんかった。ベンチ戻って聞いた。速かった?常に速いですけど。底知れぬアレがありますから。(メジャーの)スカウトもようけおったしね」

 “糸井語”を交えながらドヤ顔で振り返った。速いと認めながらも打ってしまうところが、この男が常人とは違うところ。その速球を乗り物に例えると、との問いに「うーん、のぞみ」と最高時速300キロの新幹線を挙げた。

 大谷は過去9試合で7敗、対戦防御率1・42と一度も勝っていなかった相手。10戦目の今度こそ土をつけると臨んだ一戦だったが逆転負け。これでCS進出の可能性が完全に消滅した。

最終更新:9月14日(水)5時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]