ここから本文です

ゲームキャラとタイムリープして世界を救う!『ハンガー・ゲーム』俳優主演ドラマがシリーズ化

シネマトゥデイ 9月14日(水)4時16分配信

 映画『ハンガー・ゲーム』シリーズでピータを演じたジョシュ・ハッチャーソン主演のドラマがHuluでシリーズ化されると The Wrap などが報じた。

キメ顔&キメポーズのジョシュ・ハッチャーソン【写真】

 「フューチャー・マン(原題) / Future Man」と題されたドラマでジョシュは、社会性のない清掃作業員で、世界ランクのゲーマーでもあるジョシュ・フューチャーマンを演じるとのこと。ジョシュが“サイバーゲドン”と呼ばれるゲームの最終レベルをクリアすると、テレビゲームのキャラクターが彼のもとに現れはじめ、ゲームはトレーニング用のものだったと告げるそう。ジョシュは過去にタイムトラベルをし、彼らと一緒に世界を救いに行かなければならないという。

 同ドラマは30分のコメディードラマで、『ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー』のカイル・ハンターとアリエル・シェイファーがパイロット版の脚本を執筆。『ソーセージ・パーティー(原題) / Sausage Party』のセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグがエグゼクティブプロデューサーを務めている。配信は2017年を予定しているそうだ。(澤田理沙)

最終更新:9月14日(水)4時16分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。