ここから本文です

造船組合幹部、初の国産潜水艦建造に自信/台湾

中央社フォーカス台湾 9/14(水) 11:31配信

(台北 14日 中央社)台湾区造船工業同業公会の韓碧祥理事長は13日、高雄で15日から始まる「高雄国際海事船舶および国防工業展」の開催を前に、台湾が初めて自主建造を目指す潜水艦について、「建造できることを信じている」と語り、期待を示した。

この日は台湾国際造船潜水艦開発センターが製作した模型も初めて報道陣などに披露された。韓理事長は、国防は他人に頼らず自分で行ってこそ成長するとし、国内業者が軍艦建造の能力を発揮できる機会だと強調。造船技術の進歩に言及し、政府が決断すれば、民間は協力すると語った。

同展には150社以上が出展。シンポジウムやフォーラムなども開かれる。会場には船舶用機械や通信機器、海洋工学、グリーンエネルギー関連の展示が行われるほか、国産開発された雄風3型対艦ミサイルやCM32装甲車などの模型も並べられる。

(程啓峰/編集:齊藤啓介)

最終更新:9/14(水) 11:31

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。