ここから本文です

リオパラ3選手メダル 静岡知事「活躍、誇りに思う」

産経新聞 9月14日(水)7時55分配信

 リオデジャネイロ・パラリンピックのボッチャ・チーム(脳性まひ)で伊東市出身の杉村英孝選手が銀メダル、陸上男子400メートルリレー(切断など)で藤枝市出身の佐藤圭太選手と掛川市出身の山本篤選手が銅メダルを獲得したことを受け、県内には歓喜の声が広がった。

 川勝平太知事は3選手のメダル獲得について「世界の強豪を相手にメダルを勝ち取られた姿は、私たち県民のみならず全国の皆さまに深い感動と勇気を与えた」とするコメントを発表。「静岡県出身の杉村選手、佐藤選手、山本選手が素晴らしい活躍をされたことを私たちは誇りに思う。県民を代表して、この快挙をお祝い申し上げます」と祝福した。

 佐藤選手の出身地である藤枝市の北村正平市長も「(佐藤選手が)前回のロンドン大会のリベンジを果たし獲得した銅メダルは、この4年間積み重ねてきた、絶え間ない努力のたまものだと思う。今後もさらなる活躍を期待するとともに、2020年東京パラリンピックで再び輝くことを願っています」とするコメントを発表した。同市は佐藤選手の銅メダル獲得を祝う立て看板を14日にJR藤枝駅北口に設置する。

最終更新:9月14日(水)7時55分

産経新聞