ここから本文です

(広島V 25年ぶりじゃけぇ:下)育成戦略、やっと開花 プロ野球

朝日新聞デジタル 9月14日(水)5時30分配信 (有料記事)

 優勝を決めた10日の巨人戦(東京ドーム)で、先発野手のうち、四つのポジションを同学年が占めた。1~3番に固定された田中、菊池、丸、そして先発を奪いつつある7番の安部だ。早生まれの菊池をのぞき、27歳になる。
 これは偶然ではない。
 スカウト会議で指針とするのが「年齢表」と呼ばれる資料だ。縦軸に年齢、横軸にポジションをとる。その空白を埋める選手を、スカウト陣は集中して探す。
 そのなかで、主に野手について、5年周期をめどとして、一定の年齢層に厚みを持たせる。その層が30歳前後でレギュラーに育ったときに、優勝を狙う戦略だ。……本文:2,641文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)5時30分

朝日新聞デジタル