ここから本文です

桐谷健太、プロジェクター映像とシンクロする自作詞曲MV公開

音楽ナタリー 9月14日(水)4時0分配信

桐谷健太が9月28日にリリースする1stアルバム「香音 -KANON-」。この作品のタイトル曲のミュージックビデオがYouTubeおよびGYAO!にて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この曲は桐谷自身が初の作詞を手がけたナンバーで、MVではプロジェクターで投影された映像と桐谷がシンクロした動きを見せる。映像の中で繰り広げられる人々のストーリーと、桐谷が演じる男性のストーリーが合成なしの実写で交差し、幻想的な光景を繰り広げる。

この映像は桐谷が抱いていたイメージをクリエイティブチームと共有するところから制作がスタートしたとのこと。桐谷は撮影を振り返り「撮影中、自分でも不思議な気分になりながら、それを楽しむことが出来ました」と語っている。なお、「香音 -KANON-」は本日9月14日より楽曲先行配信もスタートしている。

桐谷健太 コメント
「香音-KANON-」ミュージック・ビデオが完成しました。このビデオは僕の歌詞に込めた想いとリンクした、温かい、そして幻想的な世界観になっています。
撮影中、自分でも不思議な気分になりながら、それを楽しむことが出来ました。
ぜひ、仕上がりを見ていただけたら嬉しいです。

最終更新:9月14日(水)4時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。