ここから本文です

橋梁の12%、早期な修繕が必要---定期点検

レスポンス 9/14(水) 8:27配信

国土交通省は12日、橋梁などの2015年度点検結果を発表した。

2014年7月から道路管理者は、全ての橋梁、トンネルについて5年に1度、近接目視による点検を行うこととなった。今回、2年目にあたる2015年度の点検の実施状況や結果を「道路メンテナンス年報」としてとりまとめた。

それによると定期点検が本格化し、橋梁では約28%の点検が完了した。このうち、約12%の橋梁が早期に修繕が必要となっている。

また、第三者被害の予防の観点から最優先で点検を推進することとしている橋梁のうち、跨線橋の点検実施率は約29%で、点検した跨線橋のうち約22%が早期に修繕が必要とされた。

跨線橋以外の最優先で点検する必要のなる橋梁の点検実施率では、緊急輸送道路を跨ぐ跨道橋が約39%、緊急輸送道路を構成する橋梁が約38%だった。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/14(水) 8:27

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。