ここから本文です

「相棒」右京×亘コンビ危機!?配属先は特命係ではなく広報課

スポニチアネックス 9月14日(水)5時38分配信

 テレビ朝日のドラマ「相棒season15」(10月12日スタート、水曜後9・00)で相棒に危機!?

 昨年10月から今年3月までの「season14」では反町隆史(42)扮する冠城亘が、水谷豊(64)演じる杉下右京の相棒として登場。亘は法務省キャリア官僚として、右京のいる警視庁特命係に出向したが、捜査手法が問題となって処分され、警視庁に正式に異動となった。今回の配属先は特命係ではなく、仲間由紀恵(36)が演じる社美彌子が課長の総務部広報課。右京と亘が再びタッグを組めるのか、ハラハラする展開となりそうだ。

 既に撮影入りした水谷は「本当に驚きました。僕のところに来ると思っていました」、反町も「僕も驚いています」と2人も衝撃を受けている。

 仲間は14年10月から15年3月までの「season13」以来の出演で、反町とは初共演。「鉄の女のような美彌子を演じられることを楽しみにしていました」と意気込んでいる。

最終更新:9月14日(水)5時39分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。