ここから本文です

松野文科相が新国立競技場を初視察「順調に進んでいるので安心した」

THE PAGE 9/14(水) 22:32配信

THE PAGE

 松野博一・文科相は14日、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の建設現場を就任後、初視察した。新国立競技場は、3年後の2019年11月の完成を目指し年内中に本体の工事が始まるとされている。

【中継録画】新国立競技場をデザイン 建築家の隈研吾氏が会見

 松野文科相は、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)の担当者から説明を受け「年内着工に向けて解体工事や周辺工事の進捗状況を確認する」と今回の視察目的をあらためて説明し、「進捗状況は順調に進んでいるので安心しました」と述べた。
 新国立競技場建設を巡っては、当初の総工費が2,520億円に膨らんで批判を浴びたことから、隈研吾氏デザインの総工費1,490億円の現行案に変更された。

最終更新:9/14(水) 23:30

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。