ここから本文です

JAL、黒糖ドーナツ棒で復興支援 羽田と熊本ラウンジで

Aviation Wire 9/14(水) 15:05配信

 日本航空(JAL/JL、9201)は、羽田と熊本の各空港ラウンジで黒糖ドーナツを提供している。9月30日まで、個数限定で用意する。

 熊本市のフジバンビが製造する「黒糖ドーナツ棒」で、羽田空港国内線のダイヤモンド・プレミアラウンジと、熊本空港国内線サクララウンジで、期間内の午後3時から提供する。1日あたり羽田では300個、熊本では40個を用意する。

 黒糖ドーナツ棒は1987年に販売を開始。フジバンビの主力商品、かりんとうをヒントに開発した商品で、沖縄産の黒糖と国内産の小麦粉を使用し、サクサクでしっとりした食感が特徴。

 JALは4月に発生した熊本地震の復興支援で、6月は阿蘇市の阿部牧場が生産する牛乳「ASO MILK」を、7月は阿蘇市の菓子店・菓匠久幸堂が製造するまんじゅう「ゆず萌え」を、羽田空港ラウンジで提供した。8月には阿蘇市の菓子店「菓心なかむら」が製造するフォンダンショコラ「中岳ショコラ」を、羽田と熊本の両ラウンジで提供した。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/14(水) 15:05

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。