ここから本文です

NTTソフトウェア、ライセンス監査業務をサポートするパッケージ

BCN 9/14(水) 14:38配信

 NTTソフトウェア(山田伸一社長)は9月13日、ソフトウェアライセンスの適正利用管理やライセンス監査対応をサポートするパッケージ「iTAssetEye(アイティ・アセット・アイ)」を11月に発売すると発表した。

 新製品は、同社が特権ID監査対応パッケージで培ってきた内部統制対策や監査ノウハウを生かし、ソフトウェアライセンスの一元管理や監査業務を効率的にサポートするパッケージ。ソフトベンダーごとの使用許諾内容に合わせて、購入形態・利用形態・種別・付帯条件などの項目をあらかじめ設けているため、プレインストールやダウングレードライセンスなど多岐にわたるライセンス形態を正確に管理できる。

 また、ライセンスの利用/返却申請・承認・割り当て/回収までの手順をワークフロー化しているため、利用開始までの時間短縮や申請誤りによる無駄な対応稼働を削減。ライセンスの「保有」「割り当て」「利用」の3つの観点で情報を突合し、結果を監査レポートとして出力することが可能になる。これにより、実際に利用されているライセンスの過不足や、不適切な利用を発見するなど、監査業務を効率的にサポートする。

 税別価格は、年間サブスクリプションで60万円から。

最終更新:9/14(水) 14:38

BCN