ここから本文です

復旧までに13時間強 台北メトロで開業以来最長の運行支障

中央社フォーカス台湾 9月14日(水)12時25分配信

(台北 14日 中央社)台北メトロ(MRT)松山新店線小南門駅で13日午前4時12分頃、保線作業車が脱線する事故があった。同線は始発から小南門―中山間で複線での運行ができなくなり、発生から13時間以上経った午後5時39分に復旧するまでおよそ1万5000人の足が乱れた。

同社によると、開業以来、本線上で作業車が脱線するのは初めて。これほど長時間にわたって運行に支障が出たのも初だとしている。狭小なトンネル内で復旧作業が難航したという。

脱線の原因については、54トンある作業車の車軸に何らかの異常が生じたものとみられている。

事故を受けて同線は小南門―中山間で単線運転を実施。臨時代行バスが運行されるなどした。

(顧セン/編集:齊藤啓介)

最終更新:9月14日(水)12時25分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。