ここから本文です

仮面女子・神谷えりな 目の病気再発し再手術へ

東スポWeb 9月14日(水)7時58分配信

 地下アイドル「仮面女子」の神谷えりな(24=スチームガールズ)が13日、自身のブログを更新し目の病気が再発し、再手術を受けることを報告した。

「私の病気についてのご報告。」のタイトルで更新し「もしかしたら薄々気づいている方もいるかもしれません。最近、斜視が再発しました。開散まひという病名です。(中略)最近、手術前の斜視のあの感覚がまた戻ってきたのです」と説明。「せっかく手術で治ったと思ったのに大好きなステージに立つこと、ファンの皆さんの前に出ること、もう無理なのかなって絶望しました。正直芸能活動の引退も考えました」と苦しい心情を明かした。

 前回、手術を受けた際に、再発の可能性があること、手術できる回数に限りがあると説明を受けていたという。神谷は「もしかして可能な回数の最後の手術になるかもしれない、そしてまた再発したらその時はもう二度とステージに立てないかもしれない。だけど治る見込みがあり、挑戦できる間は諦めないでいこうと決めました」とつづった。再手術は11月を予定しており「それまで、病気と向き合いながら活動していきたいと思っています」としている。

 神谷は高校2年生の時に発症した左目の斜視に悩まされ、20近くの病院で診察を受けたが「原因不明」「治療法が分からない」とされ、そのままアイドル活動を続けてきた。2015年になって「開散麻痺」と診断され、同年5月28日に地元・静岡で手術を受け、同6月13日にステージ復帰。その後はイメージDVDなどグラビアでも活躍し、30日には4作目のイメージDVD「甘神様」をリリースし、10月10日にはDVD発売イベントを行う。また、同29日に自身の生誕祭、11月3日にスチームガールズ生誕祭を行う予定だ。なお19日には出身地・静岡で地上波初の冠番組「神谷えりなのオトナのオンナ。」(SBS静岡放送、午前10時50分から)が放送される。

最終更新:9月14日(水)8時5分

東スポWeb