ここから本文です

ボーイング、中国の民間機需要6810機 1兆ドル規模、20年予測

Aviation Wire 9/14(水) 17:17配信

 ボーイングは現地時間9月13日、2016年から2035年までの20年間で、中国での民間機の新造機需要を6810機とする予測を北京で発表した。市場規模は1兆250億ドル(約105兆4930億円)で、機体数と金額ともに、世界全体の17%を占めると予測している。

 中国は、航空市場では初めての1兆ドル市場となる見込み。

 ボーイングは、中国国内の旅客数は年間6.4%増加すると予測。LCC、フルサービス航空会社(FSC)ともに、地点間(ポイント・トゥ・ポイント)路線を拡充することで、単通路機の需要が全世界の75%にあたる5110機となるとしている。

 中国国内で現在使用している単通路機は、全世界の18%を占めている。一方でワイドボディー機は5%に留まっている。

 需要予測の内訳は90席以下のリージョナル機が140機で総額100億ドル、737 MAXなど90席から230席の単通路機は5110機で総額5350億ドル、200席から300席の小型ワイドボディー機は870機で総額2400億ドル、300席から400席の中型ワイドボディー機は630機で総額2200億ドル、400席以上の大型ワイドボディー機は60機で200億ドル。

 ボーイングは今後20年間で、世界全体で3万9620機を超える新造機の需要を生むと予測している。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/14(水) 17:17

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。