ここから本文です

リー・リトナー、ピアニストにオトマロ・ルイーズを含むカルテットで来日公演を開催中

CDジャーナル 9月14日(水)17時14分配信

 クロスオーヴァー / フュージョンのスター・ギタリスト、リー・リトナー(Lee Ritenour)の来日公演が東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて開催中。公演の様子とメッセージがYouTubeなどで公開されています。BLUE NOTE TOKYOでの公演は9月14日(水)まで続き、9月16日(金)には愛知・名古屋 BLUE NOTE、17日(土)は石川・金沢〈KANAZAWA JAZZ STREET 2016〉に出演します。

 昨年、1970~80年代に残した自身の代表曲をリアレンジした新作『ツイスト・オブ・リット』をリリースして話題を呼んだリトナーが、現在最も重要なジャズ・ピアニストの一人に数えられるベネズエラ出身の実力派、オトマロ・ルイーズを含む4人のグループで来日。70年代中盤にLAでリー・リトナー&ジェントル・ソウツを結成し、75年にはエピック・レコードで初リーダー作『ファースト・コース』を録音。ジャズ、ロック、ブラジル音楽やレゲエなどさまざまなジャンルの音楽を取り上げ、世界中のファンを魅了してきた彼が生み出す最新のサウンドを披露してくれそうです。

最終更新:9月14日(水)17時14分

CDジャーナル