ここから本文です

篠原涼子、初一人二役!娘を虐待する母描く「愛を乞うひと」SPドラマ

シネマトゥデイ 9月14日(水)6時0分配信

 女優の篠原涼子が1998年に原田美枝子主演で映画化された下田治美の小説「愛を乞うひと」のテレビドラマ化作品で、幼少期に母親から壮絶な虐待を受けたヒロインと、その母親の一人二役を演じることが決定した。

 本作は、高校生の娘と二人で暮らすシングルマザーのヒロイン・照恵が、生き別れた弟との再会を機に、亡くなった父の遺骨を探しに父の故郷である台湾へと渡り、幼少期に自分を虐待し続けた母・豊子の記憶と向き合っていくさまを描いたヒューマンドラマ。台湾ロケも敢行し、撮影はすでに終えている。

 濃いメイク&ケバケバしいドレスに身を包んだ豊子と、母とは対照的に薄化粧で清楚な印象の照恵。本作で初の一人二役に挑んだ篠原は映画版を観て衝撃を受けたと言いつつ、「かなり難しいと思っていたんですが、それぞれの役が濃厚でしたので、大変やりがいがあり、充実した日々を過ごせました」と手応えを語る。さらに、「特に豊子は私の好きな役柄で、照恵のシーンのときは、『豊子にもう一度戻りたい』って思ってしまうぐらい……(笑)。全く真逆のキャラクターなのでストレスも溜まらないというか……」と相反するキャラクターを演じることに、女優としての醍醐味を見いだしたようだ。

 出演の決め手の一つに「残念ながら虐待というものが社会問題になっていて、世の中の人たちに少しでもいいから何かを感じとってほしいという思いがあった」という篠原。「1シーン1シーンを無我夢中で大切に噛みしめながらやらせて頂いた」と篠原の熱い思い入れが込められた“一人二役”に期待が高まる。(編集部・石井百合子)

スペシャルドラマ「愛を乞うひと」は今冬、読売テレビ・日本テレビ系にて放送

最終更新:9月14日(水)6時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。